トップ / 妊活中のファスティング注意点

酵素のチカラで妊活

妊活中のファスティング注意点

ファスティングを行うには注意点が

これまでご紹介してきたように「妊活」中の女性のダイエットには、ダイエット・デトックス効果が期待できる「酵素ドリンク+ファスティング」の方法が一番おすすめできます。ダイエット期間を、1日ないし長くても2、3日と限定することで、身体にも無理がかからない範囲で重金属や化学物質などをデトックスできるので、赤ちゃんを宿すために適した身体環境に整えられます。また、ファスティング中は酵素ドリンクから必要なビタミン・ミネラルも摂取するようにして、消化酵素の働きを高められればさらに効果がパワーアップします。

しかし、食事回数を減らすファスティングについては慎重に計画してから実行する必要があります。「妊活」中ファスティングを行う上で注意しておきたい点をまとめました。

■長期間のファスティングは行わない
3日を超える長期間のファスティングを自己流で行うことは絶対にやめましょう。特に持病がある場合や、なんらかの薬を服用している場合には半日から1日程度の短期間ファスティングが無難です。どうしても長期ファスティングを実行したい希望がある場合は医師の指導を受けるか、断食道場などプロの手を借りるようにしましょう。

■一気にやせようと思わない
「妊活」の一環としてファスティングを行う場合には、身体に過度の負担をかける無理は禁物です。肥満解消を焦るあまりに一気に痩せようとしないことが大切です。急速な減量は肝心の生理などの妊娠のための機能を維持することができず、排卵や生理が止まってしまう可能性があるのです。せっかく「妊活」としてのファスティングを行ったにもかかわらず、肝心の生理が止まってしまったのでは本末転倒です。

■ファスティングに無理は禁物!
ファスティング期間中には、多少めまいや立ちくらみを感じたり、軽い頭痛が起きる場合があります。ファスティングによる「好転反応」ととらえそれほど気にしなくても問題ないことがほとんどです。しかし症状が重かったり、長く続くようでしたらもし、ファスティング期間中に体調が悪くなるようなことがあったらすぐに中断するようにしましょう。無理は禁物です。

いかがでしょうか?「妊活」に取り組むあなたなら、授かる赤ちゃんのためにはできるだけ健康で赤ちゃんにストレスを与えない母体でありたいと思うもの。ぜひ一度この「妊活ファスティング」にトライしてみてくださいね。

Copyright © 妊活中にファスティングを. All rights reserved.