トップ / 妊活ファスティングには酵素

酵素のチカラで妊活

妊活ファスティングには酵素

卵子を健康な状態へと導いてくれる

「ファイスティング」の目的がただ体重調節を目的とした「ダイエット」という意味だけではなく、あなたの身体が本来持つ機能をもう一度取り戻し、ひいては卵子細胞の健康を取り戻すことによって「妊活効果」が期待できることがわかっていただけたと思います。そして、このファスティングに「酵素」効果をプラスすることで、さらに「効果」を上げることが期待できるのです。酵素ダイエットの情報ならこちら。

まず「妊活」中は意外と体重が増えやすいものです。ストレスを溜めまい、とするあまりに好きなお菓子をつい食べ過ぎてしまったり、食事コントロールが後回しになってしまったり、痩せているよりはふくよかなほうが妊娠しやすいのではないかという誤解も相まって、ついついぽっちゃり君になってしまう妊活女性は多いようです。しかし、実は「妊活」中の太りすぎは全く「妊娠」に功を奏しません。

「肥満」になると女性ホルモンのバランスが崩れる上に、血管内の血液循環が悪くなってきます。そうすると当然子宮内の血流も悪くなり、卵子細胞が着床する子宮内膜にも影響が出て、結果的に着床がうまくゆかず、妊娠が難しくなるばかりか流産も増えてきます。また、排卵障害を引き起す「高インスリン血症」を引き起こしてしまったら、肝心の排卵が抑制される可能性が高くなってしまいます。このように「太りすぎ」「肥満」は不妊の要因となり得るのです。逆に肥満が解消されると、ホルモンバランス、子宮内環境、月経周期、排卵率が改善されて、自然妊娠の可能性が高まるのです。

このようにファスティングの肥満防止効果だけでも「妊活」に大きく貢献してくれることがわかってきました。さらに「妊活」効果を上げるなら、基礎体温をあげることで精子が着床しやすい環境を整えてあげることが必要です。残念ながら「ファスティング」だけでは基礎体温を上げることはむずかしいのですが、酵素パワーを並行して取り入れることが非常に有効です。酵素は基礎代謝を高めてくれるので基礎体温を上げる役割も持っています。

また、基礎体温が上がることで免疫力が向上し、細胞の修復を助けてくれ、子宮や卵子を健康な状態へと導いてくれることが期待できます。さらに妊娠しやすくなる可能性を高めてくれます。「ファスティング」のダイエット効果と「酵素」の基礎代謝UP効果でさらに妊娠力をあげていきましょう!

Copyright © 妊活中にファスティングを. All rights reserved.